面接における敬語

面接の敬語人材派遣の面接は、初めての人たちが会ってビジネスの話をする公のビジネスシーンです。そのため、初対面の者同士が緊張感を持って話をするものだと考えておくことが大切です。

人材派遣では派遣会社の担当者が一緒について来てくれることも多くなるので、丁寧に注意してくれることもありますが、必要最低限のことだと認識を持って、できるだけ丁寧な話し方を心がけましょう。

ただし丁寧にしようと頑張りすぎて、おかしな敬語の使い方をしている人もたまにいます。
間違った敬語をあやふやな状態で使うのであれば、丁寧語を心がけてシンプルに話した方が印象が良いこともあります。

敬語に不安があり、時間的な余裕がある場合には、派遣会社などで実施しているマナー講習などをあらかじめ受けておくことも良いでしょう。

人材派遣の面接で敬語を使わない人は

人材派遣ではプロフィールの登録によってあらかじめ紹介先との相性を検討される社内選考が行われます。

また、面接の前には人材派遣会社から派遣先企業に対してプロフィールや履歴書の提出が行われ、スキルや資格などの適性を判断することとなります。

その後の面接では、技術面の適性以外のヒューマンスキルなどが測られることとなります。

そのため、ビジネスマナーとしての敬語の使用は必要最低限の条件として考えられ、敬語を使えない人は合格から遠のいてしまうこととなります。

敬語が使えない人

敬語が使えない人は社内外の人とのコミュニケーションができず、お客様に対して失礼な対応をする恐れがあるとみなされます。

敬語は使い慣れていないと、瞬時に適切な言葉が出ずに困ることがあります。
学校などで習っていても、実践で使わないと身につきません。

敬語が使えない人はあらゆるビジネスで不可という扱いを受けることになり、人材派遣の面接でこうしたボロが出ると結果も芳しくないことになるでしょう。

人材派遣の面接で適切な敬語を使うために

人材派遣の面接では、とても緊張していることでしょう。そのため、敬語がすっぽりと記憶から抜け落ちてしまったり、かしこまり過ぎて間違った敬語を使ってしまったりすることもあります。

特に普段から敬語を使い慣れていない場合には注意が必要となります。

しばらくビジネスの現場から離れていて敬語を使っていなかった場合や以前の職場がフランクで敬語を使う機会が少なかった場合などには、敬語の練習をしておくことも必要です。

間違った敬語を使っていないか

敬語には尊敬語や謙譲語といった使い方次第で逆に失礼に当たる敬語があります。
こうしたものを使い慣れていない場合には、意味を勘違いしていないかを確認してから使うことにしましょう。

特に「言う」の尊敬語の「おっしゃる」、謙譲語の「申す」、来る(行く)の尊敬語である「いらっしゃる」、謙譲語の「参る」などの独特な変化をする敬語の使い方は慎重に確認しておきましょう。

間違った敬語を使い続けて失笑を買うよりも、思い切って「言う(言います)」や「行く(行きます)」を使ってしまったほうが安心の場合もあります。

丁寧語にさえしておけば、面接官の心象を著しく損ねることはないかもしれません。面接では使い慣れない敬語で話の内容自体がわかりにくくなるよりも、端的で内容が伝わりやすい方が好まれることもあります。

人材派遣の面接の敬語で分かる人間力

人材派遣の面接では、どういった印象を残すかが大きな岐路になることがあります。

敬語はその人となりを示すことができるポイントであり、それが自然に使われていて好感を持てることは高ポイントです。

話の内容を考えすぎて、そちらにばかり囚われてしまいがちな面接の質疑応答ですが、自分がどのような話し方をして、どんな印象を持たれているのかを考えることも大切です。

使ってみて第三者に確認を

敬語は使わなければ身につきません。実際に経験を積み、自然に出ることが最善ですが、短期間で馴染むことはできませんから、面接が迫っている場合には現状の自分の話し方を第三者に判断してもらい、悪い部分だけを最低限、修正することが良いでしょう。

冷静な判断を下してくれる身近な人に、敬語を使って話をしてみて、悪い点を指摘してもらいます。

自然に使っていた間違った敬語なども直してもらうチャンスです。

特に二重敬語はお客様と直接関わりあうサービス業に就いている人でも使っていることが多いので要注意です。

人材派遣の面接ではどの程度の敬語が必要?

1.人材派遣の面接では硬い敬語で間違いなく
人材派遣の面接ではビジネスの場であるという意識を持って挑みます。ビジネスシーンでは敬語は最低限のマナーです。そのため、敬語を正しく使って緊張感のある話し合いの場としての振る舞いをしましょう。

2.人材派遣の面接で敬語を使わない人は
人材派遣の面接での敬語の使用は必要最低限のことです。ビジネスマナーとして敬語を使えないと、社会で役にたちません。どんな仕事に就く場合でも、敬語ができないと合格はできないと考えておきましょう。

3.人材派遣の面接で適切な敬語を使うために
人材派遣の面接では、間違った敬語が出てしまうこともあります。緊張していたり、敬語の経験が少なかったりする人は、分かりやすい言葉と割り切って、難しい尊敬語や謙譲語を捨てて丁寧語で話すこともやむを得ないことがあります。

4.人材派遣の面接の敬語で分かる人間力
人材派遣の面接で使う敬語は非常に大きな影響を及ぼします。話の内容はもちろんのこと、キレイな話し方もその人の人となりを示します。

そのため、前もって人に聞いてもらって注意点を指摘してもらったりして修正することも必要です。